魚介類

ふるさと納税をするとお得感を得られる|地域を選べるのも魅力

税金の賢い納め方

食材

故郷や応援したい自治体へ

自主的に選択した地方自治体へ寄付する仕組みをふるさと納税といいます。ふるさと納税は、厳密に言うと寄付金となります。目的としては、都市と地方の税収の格差を緩和する狙いで、2008年より実施されています。自分の故郷に寄与する以外にも、自らが支援したい地方自治体を選択することができます。ふるさと納税をした人に対しては、地方自治体から特産品などのお返しが贈呈されるケースがあります。そのような特産品目的で、ふるさと納税を使う人も多いです。ふるさと納税をした場合、寄付金額から2000円を差し引いた額が、住民税と所得税から控除されます。ここで注意する点は、自己負担金額を差し引いた全額が、還付金になる訳ではないことです。扶養控除や医療費控除と同様に、ふるさと納税は所得控除のため、ふるさと納税の一定額を所得から控除することが可能です。所得から控除を受けることで、課所得金額が減少するため、所得税などの節税に役立てられます。ちなみに全額を控除される寄付金額に関しては、収入や家族構成などによって一定の上限が設けられています。ふるさと納税の利点は、地方自治体から送られてくる特産品や感謝状などです。また確定申告の際に寄付した額に近い税金が控除されることも利点の一つです。また寄付金の使い方を選べる地方自治体では、寄付を行う人の考えが地方自治に反映されることもあります。東北地方では、震災孤児のためにふるさと納税を給付金事業に活用するように指定できます。